・スポンサードリンク

聴神経腫瘍

聴神経腫瘍とは

 聴神経とは、内耳の前庭から出ている前庭神経と、蝸牛から出ている蝸牛神経の総称です。 ともに内耳道と呼ばれる側頭骨のトンネルの中を通って脳に伸びており、前庭神経は身体の平衡感覚を、蝸牛神経は聴覚を脳へ伝えています。

 これらの聴神経にできた腫瘍を聴神経腫瘍と呼びます。 多くの場合、片側の耳のみに発症します。 腫瘍は前庭神経に発生し、少しずつ大きくなっていきます。 腫瘍の増殖速度は遅く、転移のおそれもなく、良性のものがほとんどですが、腫瘍が大きくなるにつれ、神経を圧迫するため、様々な症状が現われてきます。

 症状は、腫瘍の位置や大きさによって変わりますが、一般的には片側の耳の耳鳴りで始まることが多いです。 中には、聴神経のすぐ近くを通っている顔面神経に最初に障害が及び、顔面神経まひを起こすケースもあります。 症状の程度もまちまちで、軽い耳鳴りや難聴、めまいがずっと続く人もいれば、突発性難聴と似たような高度難聴が急に起こる人もいます。

 多くの場合、腫瘍が大きくなると、聴神経が圧迫されて、フワフワしためまいやふらつきが起こったり、頑固な耳鳴りや頭痛、まっすぐ歩けないなどの平衡失調が現れたりすることもあります。

聴神経腫瘍の治療

 聴神経腫瘍はMRIやCTによる画像診断で発見することができます。 腫瘍が発見された場合の治療法は、その大きさによって異なります。 

 腫瘍が小さい場合は、定期的に腫瘍の成長状態を経過観察します。 ほとんどのケースは、ゆっくりとした成長で、症状も軽度です。

 腫瘍の中に粘膜を含んでいる場合には、急に大きくなり、めまいや耳鳴りが強くなることもあるので、このようなケースでは摘出手術の対象になります。

 ごく初期の小さな腫瘍では、耳鼻咽喉科で摘出することも可能ですが、ある程度の大きさに成長した腫瘍は、脳神経外科で開頭手術を実施します。

 多くの場合、摘出術を行えば、腫瘍が再発することもなく、予後は良好です。 しかし、聴力の回復は難しく、術後も悪化することもあります。

 そのほか、高齢者や合併症などで手術に危険が伴ったりする場合には、放射線療法が行われることもあります。

・スポンサードリンク